更年期女性は性欲が低下する?気になる女性の性欲について

人気モデルのくみっきーこと舟山久美子さんが開発したことで話題になっているスムージーが新登場♪↓

 

 

マイブレイクレッドスムージー

 

 

 

 

こんにちは、ミカエルです。

 

 

 

女性は40代、50代になると、性欲が低下する、なんて言われますよね。

 

パートナーと寝室を分けたり、なんとなく避けてしまう人も、少なくないようです。

 

でも、更年期に入り、若い頃よりも性欲が強まる人も、います。

 

この性欲の増加、低下は、どちらもホルモンの分泌が、大きく関わってくるようです。

 

パートナーとの間に、大きな距離を作らないためにも、
そのメカニズムや解消方法を知って、
女性として健やかな毎日を過ごしていけたらいいですね。

 

 

 

更年期に性欲が増加するのはなぜ?

 

 

更年期になり、性欲が増す人がいます。

 

性欲は、男性ホルモンとドーパミンによって、
コントロールされている部分があります。

 

そのため、更年期に女性ホルモンが減少することで、
この男性ホルモンとドーパミンの分泌が、増える人がいます。

 

そんな女性は、更年期や閉経後であっても性欲が増すと言われています。

 

また、本来、更年期に低下するエストロゲンの主要成分である、
エストラジオールの数値が他の更年期女性よりも高い人がいます。

 

このエストラジオールは、男性に対しての魅力や興味を高めたり、
男性への欲求を強くする作用があるため、
この数値が他の女性よりも高い人は性欲も高まります。

 

そこへ、ドーパミンと男性ホルモンの、
分泌が加わることでさらにその欲求は強まるのだとか。

 

閉経後はもう妊娠することはない、という解放感から、
自然と性欲が増す、ということもあるようです。

 

更年期に性欲が増すことは、もちろん悪いことではありません。

 

パートナーとの関係を良く保っているのであれば、
強まる性欲を抑えきれずにどうにかなってしまう、ということもないですよね。

 

 

 

 

更年期に性欲が低下するのはなぜ?

 

 

更年期には、エストロゲンが減少することで、
膣の萎縮や分泌物の減少などが始まります。

 

そのため、性交痛といって挿入時に痛みや不快感を感じてしまう女性が多くなります。

 

また、膣内の粘膜も弱まり痛みが出てしまうことがあります。

 

こんなストレスやトラウマから、
性欲は低下しだんだんと興味がなくなっていくということがあります。

 

閉経を向かえた女性の中には、
自分のことをもう女性ではなくなってしまったと考えてしまう人もいます。

 

そんなことからパートナーとの間に距離を置いてしまったりそんな空気になった時は、
なんとなく避けてしまったりとしてセックスレスになっていくこともありますね。

 

痛みや不快感がある際に、
無理にその行為を続けるのはつらいことでもありますよね。

 

ただ、パートナーのためにも自分のためにも、
少しずつ改善していくようにできればいいですね。

 

 

 

ホルモン補充療法での改善とパートナーからの理解を得る

 

 

膣内の粘膜が弱くなったり膣自体が委縮してしまうのは、
エストロゲンの減少が大きな原因でもあります。

 

そのため、
ホルモン補充療法で他の症状の軽減をしながらケアしていくこともできます。

 

ホルモン補充療法は、膣内の乾燥にも効果が高いと言われていますので、
性行為中の不快症状が軽減されていくと良いですよね。

 

また、何より大切なのは、
その痛みや不快感をパートナーに理解してもらうことです。

 

説明なしにただ拒否してしまうだけでは、
二人の信頼関係にもヒビが入ってしまうこともあるかもしれません。

 

しっかり説明してわかってもらえれば、
自分自身も少し安心することができますよね。

 

特に焦ったり深く考え過ぎずたりせずに、
治療やケアを続けていくことで良くなっていく女性もたくさんいますよ。

 

 

 

大豆イソフラボンの摂取も試みる

 

 

性欲の低下や性交痛のためだけに、
ホルモン補充療法を受けるのはちょっとという女性もいることでしょう。

 

そんな時は、大豆製品などを積極的に取り入れて、
エストロゲンと同じ働きをしてくれる大豆イソフラボンを摂取してみると良いですね。

 

大豆イソフラボンは、更年期女性にはとても大切な成分です。

 

毎日を、イキイキと乗り切るためにも、必要なものですね。

 

食事からの摂取ではなかなか足りないという場合は、
サプリなどを取り入れて安定して補うのも良いですよね。

 

それでもすぐには、性交痛などに効果が出るとは限りません。

 

そんな時は、潤滑ゼリーなどを試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ドラッグストアなどでの購入が恥ずかしいという場合は、
インターネットでの購入もできますし婦人科で処方してもらう人もいます。

 

一度かかりつけの医師に、相談してみるのも良いですね。

 

私の周りには、50代で初の同棲を始めたという人がいます。

 

こういったデリケートな問題も、
ひとつずつパートナーと二人でクリアしていきながら、
毎日とっても楽しく、過ごしているようです。

 

見ていると、なんだか以前よりも艶っぽくなって、肌色も良い感じがしますし、
心身ともに、とても健康的なイメージを与えてくれます。

 

こんな風に、心やカラダに良い刺激となるものは、
いくつになっても必要なのかもしれませんね。