コラーゲンとプラセンタ、どちらを飲むべき?その違いは?

 

プラセンタのパイオニア
発売から14年目突入のロングセラー商品「プラセンタ100シリーズ」

 

・高価格帯プラセンタサプリ売上NO.1
・大手テレビショッピングでは12年連続ベストセラー賞を受賞
・プラセンタ100シリーズ累計販売実績 380万個突破!

 

日本国内はもとより海外においても弊社だけが使用できる
50倍濃縮プラセンタエキス末を使っているから、
「実感が違う」とお客様から喜びの声を多く頂いております!

 

その他にも亜麻仁油やDHA・EPAなどの女性のお肌を輝かせる成分を配合。

 

また原料のプラセンタにはトレーサビリティ、抗生物質を禁止する取組みなど、
国独自の安全基準が設けられた品質の良いデンマーク産のプラセンタを使用しています。


 

 

 

 

こんにちは、ミカエルです。

 

 

 

年齢を増すごとに、不足してしまう成分って、たくさん出てきますよね。

 

そんな時、美や健康のために足りないものを補うことができるサプリって、本当に便利ですよね。

 

 

特に、更年期世代は肌の老化もかなり気になり、
美肌に良い、と言われる成分は、積極的に摂取したいものです。

 

そして、美肌のためというと、
やはり「プラセンタ」と「コラーゲン」が一番に思いつきませんか?

 

でもこれって、どっちがいいの?どう違うの?と、迷ってしまう事がありますよね。

 

そんなプラセンタとコラーゲンの違いをご紹介します。

 

 

 

 

プラセンタは、人や動物の胎盤のことです。

 

この胎盤は、お母さんと子ども繋ぎ、
栄養や酸素などを子供へ送るための重要な機能を果たします。

 

サプリや化粧品に含まれるプラセンタは、
豚や馬などの胎盤から抽出したエキスのことをいいます。

 

コラーゲンは、主に豚、魚から抽出されるエキスです。

 

魚コラーゲンはフィッシュコラーゲン、マリンコラーゲン、
などと言われることが多く、主に鱗や骨から抽出されます。

 

その場合、骨から抽出したコラーゲンの方が、
傷などが少なく高品質となります。

 

また最近では、より浸透と効果を高めるため、
人間がもともと持つ、コラーゲン構造と同じ、
3重らせん型のコラーゲンを配合した生コラーゲンなどもあります。

 

 

 

 

プラセンタとコラーゲンのアミノ酸の違い

 

 

私たち人間のカラダを構築するに、
必要なアミノ酸は20種類もあります。

 

そのうちの、18種類ものアミノ酸を持っているのが「プラセンタ」と「コラーゲン」です。

 

ただ、その種類は、「プラセンタ」と「コラーゲン」ではちょっと違います。

 

例えば、コラーゲンは、肌や髪、爪などを作ったり、
それらを健康に保つためのアミノ酸が豊富に含まれています。

 

一方、プラセンタには、コラーゲンにない、
トリプトファンとシスチン、というアミノ酸が含まれています。

 

トリプトファンは、脳に入るとセロトニンを作り出す材料に変わります。

 

このセロトニンは、夜になると、

 

メラトニンというホルモンに変換され、眠りを誘ってくれます。

 

また、イライラを鎮めたり精神不安を軽減する作用もあるものです。

 

シスチンは、肝臓の働きを活発にし代謝を上げてくれます。

 

この様に、主な成分であるアミノ酸をどちらも18種類も含みますが、
その種類は違いそれぞれの効果も少々も異なります。

 

ただ、トリプトファンとシスチンは、更年期にはとても重要な成分となります。

 

美肌や更年期症状の両方の改善を求めるのなら、
プラセンタの方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

プラセンタの効果

 

 

プラセンタは、更年期治療のために、用いられるものでもありますので、
40代、50代女性の間では人気の高い成分です。

 

効果は、肌に関しては潤い保持やキメを整えるなど
、健やかな肌を保つことができます。

 

また、ターンオーバーの促進をしてくれるので、
シミやくすみの改善にも期待がもてます。

 

健康効果としては、生理不順やひどい生理痛の改善、ホルモンバランスの調整や冷えにも良いので、
更年期の血行不良やイライラ、ホットフラッシュなども軽減してくれようですね。

 

プラセンタは、女性にとって、とても万能な成分と言えますね。

 

化粧品などで、肌につけるのも良いですが、
ぜひ体内にしっかり取り入れて、その健康効果も得たい成分です。

 

 

 

 

コラーゲンの効果

 

 

 

私たちの肌は、角質層、表皮、真皮、皮下組織と層になっていて、
そのうちの真皮にある繊維芽細胞からコラーゲンは作られます。

 

また、ここには、コラーゲンと同様に、
エラスチンとヒアルロン酸が、
存在します。

 

そして、このコラーゲンは、肌の約70%を占めて常にハリや潤いを保ちます。

 

ところが、加齢により、繊維芽細胞は衰え、
コラーゲンは作り出されなくなり減少してしまいます。

 

そうなることで、肌はハリや潤いを失い、小じわやたるみなどが目立つようになり、
しぼんだような元気のない肌になってしまいます。

 

そんなコラーゲンを補うことで、肌や髪、爪などを健康的に保ち、
また骨や軟骨などの強化にも、効果を期待することができます。

 

また、皮脂分泌を促す効果、もありますので、
肌の皮脂膜を作りバリア機能も高めてくれます。

 

コラーゲンは、もともと肌に存在して、
女性の若さ美しさを保ってくれるものですから、
肌の老化が気になる人は、積極的に取り入れたいですね。

 

 

 

 

どっちを飲んだらいいの?

 

 

プラセンタとコラーゲン、結局どっちを飲んだらいいの?

 

たしかに、迷うところですよね。

 

ただ、プラセンタは上記にもあるように、
更年期症状や生理不順などにも効果があり、
疲れやすい人などにも、おススメの成分です。

 

また、肌のターンオーバーが乱れがちになったり、
代謝の低下が気になる40代や50代には、とても心強いものとなるかと思います。

 

コラーゲンは、プリッとしたハリ肌を保つためには必要不可欠な成分です。

 

歳とともに、下がり気味になってしまう肌には、ぜひ与えたい成分です。

 

また、足腰の健康を考えた時に、
様々な栄養素と一緒にコラーゲンもぜひ摂取しておきたいです。

 

健康的でキレイな肌を目指す時、
丁寧なスキンケアを毎日しっかり心がければ、
その効果は少しずつあらわれてくるものです。

 

そんなスキンケアのひとつとして、
化粧品からコラーゲンを取り入れて、
カラダのため、そして美肌効果も期待しつつ、プラセンタを飲むという方法も良いですよね。

 

どちらを飲むのか、それとも両方取り入れるのか。

 

決めるためには、まず自分の健康状態、肌状態をしっかりと把握することが大切ですね。