更年期障害とは?

糖尿病、高血圧

 

これらの病気は、なったら死に至るという病気ではありません。
しかし、これらの病気は慢性病で、放っておくと、
様々な、死に直結する病気を引き起こしてしまうのです。

 

血糖値が高い、血圧が高いなどというのは、
数値として、出てきているなら、
食生活を変えたり、サプリメントで必要な成分を補給したり、
毎日の生活に変化を加えて、その数値を下げる必要があります。

 

放置しておくというのは非常に危険というわけです。

肝臓訴求

 

糖尿病、高血圧、貧血の方が多く愛用しているサプリメントが
「白井田七」です。
世界でもわずかな場所でしか作れない田七人参の中でも、
無農薬で育てた極小の田七人参を使ったサプリメントです。

 

田七人参は、古くから多くの人に使われてきました。

 

田七人参は慢性的な不調に効果があると言われており、

 

健康診断や検査の数値が良くない
調子を崩しやすくなった
末端の冷たさが気になる

 

といった悩みなど、その作用・効果は多岐に渡ります。


 

 

 

 

こんんちは、ミカエルです。

 

 

本日は基本的なこと。

 

更年期障害とは?

 

 

思春期から分泌が増え始める女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)は、
20代、30代で最も分泌量が多くなり、
40代に入ると卵巣機能の低下とともに分泌も減り始め、閉経で激減します。

 

排卵がなくなると、
もう一つの女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)も減少。

 

2つの女性ホルモンの量が減り、
バランスが崩れるためにカラダやココロにさまざまな症状が出てきます。

 

これを更年期障害といいます。更年期障害は、
すべての女性に起こるわけではありません。

 

ほとんど気にならないくらい程度の軽い人もいます。

 

しかし中には症状が重く、日常生活に支障をきたす人もいます。

 

治療を受けることによって症状をやわらげることができますので、
一人で悩まず、ぜひ医師に相談してください。

 

 

 

 

 

更年期障害の症状

 

 

更年期に多い身体的症状は
、ホットフラッシュ(ほてり)、のぼせ、頭痛、肩こりなど多彩です。

 

この年代は、老年期に向けての不安、経済的な危機感、親の介護、
子どもの将来のことなど家族の問題が持ち上がる時期でもあり、
気苦労も重なって、精神症状が強く出る人もいます。

 

一人でガマンせずに、パートナーや家族にも更年期障害について理解してもらい
、治療に協力してもらうことが大切です。