30代の生理

日本でただひとつの、
乾燥肌を改善するライスパワーNo.11を配合した、
薬用オールインワンがおトクに試せます。

 

これ1本で、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、アイクリーム、
デコルテクリーム、マッサージクリームの8つの効果を兼ね備え、
更にはお肌の奥の基底層まで働きかけ
お肌を根本から変えるという新しい発想のスキンケア

 

【ライスビギン】の【定期購入】プログラムになります。

 

1.世界で唯一の成分、ライスパワーNo,11
  ライスパワーNo.11は、「皮膚水分保持能の改善」が、
  世界で唯一認められた画期的な成分です。 

 

  外から補うのではなく、肌が自ら潤うように、
  水分保持(肌に水を蓄える力)を改善してくれる成分を配合。 

 

  加齢によって衰える水分を蓄える力を、
  “改善”してくれるのがこのライスパワーNo.11です。

 

2.さまざまなところで大注目な成分
  日本でもライスフォースや米肌、
  ONE BY KOSEに配合されている大注目の成分です。

 

  ライスビギンではこのライスパワーNo.11を高配合!!
  潤い効果で小ジワを目立たなくします。

 

 

「ライスビギン 薬用オールインワンエマルジョンNo.11」
通常品(2ヶ月分):8,000円(税抜)
↓↓これがなんと↓↓
\定期コース初回購入限定75%OFF/
定期初回価格:1,980円(税抜)
              ↓

 

 

こんにちは、ミカエルです。

 

 

出産を望む人はライフプランを組んで

 

 

30代になると、
女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)分泌量はピークとなり、
性成熟度も頂点に達します。

 

今までは25〜29歳で第一子を出産する人が半数を占めていましたが、
現在は30代での第一子出産も増加しています。

 

望ましい出産年齢というのは一人ひとりのライフスタイルによって違うので一概にはいえませんが、
医学的に出産に適したカラダの成熟度を考えると25〜34歳ごろといわれています。

 

子供が欲しいと思っている人は、
自分の生理や排卵の周期を考えて、ライフプランをしっかり組んでいきましょう。

 

 

 

生理前の体調不良やイライラ

 

月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)

 

 

出産経験のある30代に多いといわれる月経前症候群(PMS)。

 

生理の数日前になると決まって不快な症状があらわれて、
日常生活に支障をきたす場合をいいます。

 

不快症状には、腹痛、頭痛、乳房痛、むくみなどの身体症状と、
イライラや情緒不安定、うつ、注意力散漫などの精神症状があり、
特にココロの症状が強くなった場合を月経前不快気分障害(PMDD)と呼んで区別しています。

 

生理前になると、つい子どもや夫に当たってしまう、
会社に行けなくなる…という人は要注意。

 

自覚症状があるなら一人で悩まず、婦人科の受診をおすすめします。