子宮筋腫

◯人気のロスミンリペアクリームが美白効果をプラスして「医薬部外品」としてパワーアップ!

 

■W主剤の薬用美白化粧品
※W主剤とはそれぞれが医薬部外品の主剤として使用、許可された成分の事を指します。

 

・有効成分 アルブチン (美白主剤)
 コケモモ、ウワウルシ等の植物にも含まれる天然型フェノール性。(β-グルコシド型)の配糖体。
 メラニン合成に必要な酵素・チロシナーゼを阻害する等の作用により、
 メラニンの生成をおさえ、シミ、そばかすを防ぎ優れた美白効果を示す。(美白)
 ※ビタミンCを摂取するとより効果か゛アップするので、た「ロスミンローヤル」との併用を推奨

 

・有効成分 トラネキサム酸 (肌荒れ防止主剤)
 アミノ酸の一種で医療では止血剤・抗炎症剤として有名な成分。
 抗炎症作用により表皮の肥厚化やメラノサイトの活性化を促す「プラスミン」の働きを抑えることで、肌荒れ・キメを改善。
 肌荒れに強い肌(肌の土台)に導くことは、しみやシワなどの個別の肌悩みの改善にもつながるファース トステップ!

 

 

☆ロスミンローヤルに配合されていない美白成分をリぺアクリームホワイトに配合し、中から、外から美白強化☆

 

 

■小じわへの作用
 潤い効果で小じわを目立たなくすることが実証

 

 ★BGや濃グリセリンのような水と親和性のあるのものは 角質層内に水分を保持させます。
 ★スクワラン、メドウフォーム油(リムナンテス)などの油脂成分は、皮膚から水分の蒸発を防ぎます。
 ★チンピエキス、シルバーバイン、ウメ果実エキスなどの植物エキスも保湿効果が認められてます。

 

 

■シミ、小じわだけじゃない、くすみ対策で透明感溢れる肌へ導きます。

 

・ウメ果実エキス
 お肌の糖化のプロセスに働きかけ (タンパク質と糖が反応されるのを阻害)、
明るく、弾力のあるお肌へと導いてくれる成分。保湿効果あり。

 

・シルバーバイン果実エキス
 角質細胞のタンパク質の変性を抑制し、透明感ある肌へと導きます。保湿効果あり。

 

 

■安心の無添加
 パラベンラフリー
 アルコールフリー
 鉱物油フリー
 香料フリー
 着色料フリー
 紫外線吸収剤フリー
        ↓
ロスミンリペアクリームホワイト

 

 

 

こんにちは、ミカエルです。

 

 

 

子宮筋腫って、どんな病気なの?

 

 

子宮筋腫とは、子宮筋層にできるこぶのような良性の腫瘍のこと。

 

腫瘍というと悪性腫瘍(がん)を想像しがちですが、それとは異なるものです。

 

子宮の壁は、一番外側が漿膜、次に筋層、内側が粘膜(内膜)でできています。

 

子宮筋腫は、この三層のどこにできるか、
どの方向に発育するかによって症状が違ってきます。

 

いろいろな種類、大きさの筋腫が複数個できることが多く、
筋腫が大きくなるにつれて子宮が巨大化します。

 

 

子宮筋腫の症状は?

 

 

小さなものでは自覚症状がないこともありますが、
実際には成人女性の4人に1人が持っているといわれています。

 

筋腫が大きくなるにつれて、過多月経の症状が出てきます。

 

レバーのような血の固まりが混じって出てくるのが特徴です。

 

また、生理期間が長引くことや、不正出血が見られることもあります。

 

生理痛もひどくなります。出血のために貧血になると、
息切れ、めまい、倦怠感などの症状を伴うようになります。

 

さらに筋腫が巨大化すると周囲の臓器を圧迫し、
下腹部痛、腰痛、排尿障害、便秘などの症状が出てきます。

 

筋腫のタイプによっては不妊や流産の原因になることもあります。

 

気になる症状があれば放置せず、婦人科を受診しましょう。

 

 

 

子宮筋腫の治療方法は?

 

 

特につらい症状がなく、筋腫がまだ小さい場合には治療をせずに様子をみます(経過観察)。

 

一般的に、軽い症状の場合は薬物療法がとられます。

 

鎮痛薬や造血薬などを利用する対症療法と、
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えるホルモン療法があります。

 

手術療法には、筋腫のみを取り除く子宮筋腫核出術と、
筋腫を子宮ごと取り除く子宮全摘出術があります。

 

薬物療法や子宮筋腫核出術では再発の可能性も残りますが、
妊娠することは可能です。

 

その人の年齢、症状の程度、出産の希望、病巣の範囲などに合わせて治療法が選ばれます。