3.炭水化物抜きダイエットの本当の効果

<美味しいコーヒーで食後の血糖値対策>

 

食後の血糖値、気にされていますか?

 

食後は誰でも一時的に血糖値が高くなりますが、
食後血糖値の目安は「140mg/dl」※ 未満です。

 

※食後2時間時点 出典:e-ヘルスネット
(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト)

 

でも急に生活習慣を変えてケアし続けることは難しい…
だから、日々の生活習慣の中で。

 

そこで食後の血糖値対策を手軽にサポートしてくるものをご提供いたします。

 

ミル総本社のフィットライフコーヒーは、
消費者庁許可 特定保健用食品<<トクホ>>です。

 

本製品は食物繊維として、
難消化性デキストリンを 含んでおります。

 

これは食事に含まれる糖の吸収を おだやかにするので、
食後の血糖値の気になりはじめた方に 適しています。

 

 

 

こんにちは、ミカエルです。

 

 

炭水化物は1gで4kcalのカロリーがあります。

 

● 主食ごとのカロリー

 

種類カロリー
ごはん 1杯270kcal
食パン 1枚 (5枚切り)200kcal
うどん 1玉300kcal
そば 1玉340kcal
ラーメン 1玉340kcal
パスタ 100g (茹で前)370kcal
(炭水化物は1gで4kcalですが、食品は水分も含むので、ごはん100g:170kcalぐらいです)

 

炭水化物を摂るとカロリーのプラスになります。

 

そして、炭水化物を抜くと、カロリーをカットできます。

 

炭水化物抜きダイエットの本当の効果はシンプルで、
「炭水化物を抜いて自然とカロリーが減ること」なのです。

 

ただ、一般的な情報では、これとは違う説明がされることがほとんどです。

 

正しい効果が分かるように、
次に、炭水化物抜きダイエットの効果の真相を紹介していきます!

 

 

 

 

3.1炭水化物抜きに特別なダイエット効果はない?

 

 

炭水化物抜きダイエットで痩せる理由は、
「自然とカロリーが減るから」というシンプルなものです。

 

一方で、「炭水化物を摂ると血糖値が上がってインスリンが分泌され、
血中の糖が脂肪に変わって太る」とよく言われます。

 

そして、「炭水化物が太る原因なので、
炭水化物を抜くことで体脂肪を落とせる」と言われます。

 

しかし、科学的に見ると、1日にご飯を5〜6合食べない限り、
炭水化物を食べても糖質→脂肪の変換は起きません。

 

 

 

そして、同じカロリーなら、
炭水化物が多くても少なくても特にダイエット効果は変わりません。

 

 

 

やはり、炭水化物抜きで痩せるのは、
「炭水化物を抜いて自然とカロリーが減っている」のが要因ですね。

 

「ボディメイクアップ」でダイエット指導を受けられる方は、
全員、ダイエット中にある程度主食を摂られています。

 

主食を摂りながらも、トータルのカロリーを抑えることで、
しっかりダイエットに成功いただけています。

 

 

 

3.2炭水化物抜きダイエットの体重の動き

 

 

炭水化物抜きをすると、
1〜2日で2kgぐらい体重が落ちることがあります。

 

そのため、「炭水化物抜きはダイエット効果が高い!」
とイメージされることもよくあります。

 

ただ、これは「体の中の糖質が抜けた影響」で、
体脂肪とはまた別のものです。

 

体は、糖質500gとそれに結びつく水分1.5kgの、
合わせて2kgぐらいを貯めています。

 

炭水化物を抜くと、この糖質+水分が抜けて、
体重が一気に1〜2kg落ちることがよくあります。

 

これは、ダイエットが終わるとすぐに戻るものです。

 

体重がすぐに減るからといって、特に効果が高いわけではなく、
やはり体脂肪が減るかどうかはカロリー次第ですね。

 

炭水化物抜きは、カロリーを抑える方法の1つとして有効な方法です。

 

そして、炭水化物そのものよりカロリーに注目する方が、
ダイエットの成功率を高められます!

 

 

 

<ポイントpoint>
炭水化物抜きダイエットはで痩せるのは、自然と摂取カロリーが減るからです。