4.炭水化物抜きダイエットのメリットデメリット

ステラの贅沢青汁

 

ステラの贅沢青汁には、余分なものが一切含まれておらず、
クロレラ、ケール、ボタンボウフウ(長命草)粉末の3種類の素材だけで作られているサプリメントです。

 

通常のサプリメントであれば、
粒にするための「つなぎ」と呼ばれるものによって粒状に固めるのですが、
そのつなぎも全く含まれていないのです。

 

このつなぎの役割をしているのが「クロレラ」です。
栄養価については下記に詳しく使用しますが、
クロレラ自体もミネラルやビタミンを多く含んでいる素材です。

 

これら3種類の素材については、原産地についてもかなりこだわっています。
クロレラについては福岡県産のクロレラを採用しており、
ケールについては九州産の農薬不使用のものを採用しています。
長命草については与那国産の農薬不使用のものを採用しています。

 

素材については、実際にステラ漢方の製造スタッフが実際に現地で確かめた上で採用しています。
原産地だけにこだわっているのではなく、素材の質に関しても考慮した上で製造しているのです。

 

<高い栄養価>
贅沢青汁に含まれている素材は3種類のみです。「たった3種類」と思われるかもしれませんが、
一般の市場に出回っている野菜と比べて、はるかに栄養素が高いのが特徴なのです。

 

【クロレラ】
福岡県産のクロレラについては、17種類のビタミン、18種類のアミノ酸、
7種類のミネラル、食物繊維、葉緑素などを含むとても幅広い栄養を含んでいる素材です。

 

クロレラは20数億年前から地球上に存在しているといわれているプランクトンの一つです。
一つの細胞が一定の時間ごとにどんどん増殖していくという、
とても生命力の強い性質を持っています。
とても幅広い栄養を含んでいることから、
栄養不足や食品不足を解消するために世界各国において積極的に研究開発されているのです。

 

特に福岡県産のクロレラは細胞壁が薄いことで注目されており、
体内に吸収されやすいのが特徴なのです。

 

【長命草】
沖縄県与那国産の長命草は、ボタンボウフウとも呼ばれており、
沖縄に自生しているセリ科の植物です。とても栄養価が高いために、
沖縄では「パワーベジタブル」と呼ばれることもあります。
近年では長命草だけを使った青汁も販売されるようになっています。

 

ビタミンやミネラル、食物繊維など幅広い栄養を含んでいますが、
特にポリフェノールの量が多いのが特徴です。

 

【ケール】
ケールは、青汁には多く採用されている素材で、
独特の苦みがあることが特徴です。
その苦みが青汁の「マズさ」にもつながることから、
ケールを使わない青汁も増えているのが現状です。

 

しかし、その苦みがケールの豊富な栄養素の証拠でもあるのです。
実際、カルシウムやカリウム、マグネシウムといったミネラルを豊富に含んでいるだけではなく、
ベータカロチン、ビタミン類など幅広い栄養を含んでいます。

 

多くの青汁が採用している大麦若葉よりもはるかに豊富な栄養を摂ることができます。


 

 

こんにちは、ミカエルです。

 

 

炭水化物抜きはカロリーを抑えやすく、ダイエット効果が高い方法です。

 

一方で、大きなデメリットもあって、失敗するケースもよくあります。

 

正しい方法を実践してメリットだけを得られるように、
炭水化物抜きダイエットのメリット・デメリットを紹介します!

 

 

 

4.1炭水化物抜きダイエットのメリット

 

 

<カロリーを抑えやすい>

 

炭水化物抜きのメリットは、何と言ってもカロリーを抑えやすいことです!

 

日本人は平均して、カロリーの約50%を炭水化物で摂っています。

 

もともと多くのカロリーを摂っているので、主食をカットするとかなりカロリーを抑えられます。

 

例えば、お茶碗1杯のごはんをカットすると、それだけで△300kcalぐらいになります。

 

1日にお茶碗1杯を抜くだけでも、1ヶ月続けると、体脂肪を1kgちょっと落とすことができます!

 

 

<満腹感を得やすい>

 

主食はカロリーが増える割に、けっこう満腹感が低い食品です。

 

例えば、ごはん1杯300kcalより、
おでん7品300kcalの方が満腹感を得やすいと思います。

 

主食をカットしても、おかずをしっかり食べればかなり満足感を得られます!

 

主食をカットして、ステーキ・刺身・お鍋などを食べると、
豪勢で満足感の高い食事をできます!

 

 

<タンパク質を摂りやすい>

 

タンパク質はお肉や魚や、卵・大豆に含まれます。

 

炭水化物を抜くと、おかずを食べる余裕ができるので、
タンパク質を含む食品を摂りやすくなります!

 

タンパク質は満腹感を得やすい栄養素です。

 

また、タンパク質をしっかり摂ることで、ダイエット中に筋肉が落ちにくくなります。

 

普通にダイエットをすると、脂肪と筋肉は3:1ぐらいで落ちてしまいます。

 

そこで、しっかりタンパク質を摂ることで、筋肉をキープしやすくなります。

 

炭水化物抜きダイエットはタンパク質を摂りやすく、筋肉をキープしやすい方法です!

 

 

 

4.2炭水化物抜きダイエットのデメリット

 

 

炭水化物抜きダイエットは、満腹感を得ながらカロリーを抑えやすい一方で、
大きなデメリットもあります。

 

実際に炭水化物抜きをやったことのある方々に伺うと、
「挫折かリバウンドで失敗した」という方が大半です。

 

メリットだけを活かしてダイエットに成功できるように、
炭水化物抜きのデメリットも紹介していきます。

 

 

 

<基礎代謝が落ちて太りやすくなる>

 

炭水化物は体にとって非常に重要な栄養素です。

 

極端にカットすると、基礎代謝が低下して、
痩せにくくなるという影響がでてしまいます。

 

 

 

過去に極端に炭水化物をカットした方々に話を聞くと、
ほとんどの方が「以前よりも太りやすくなった」とおっしゃっています。

 

「ボディメイクアップ」でダイエット指導を受けられる方も、
過去に炭水化物抜きを実践された経験のある方は、
通常より痩せにくくなっています。

 

基礎代謝を戻す方法もあり、痩せることはできていますが、
ダイエットのペースは通常の半分ぐらいになっています。

 

 

 

<食欲や甘いものへの欲求が増えやすい>

 

炭水化物は大事な栄養素なので、
極端にカットすると食欲にも影響が出てきます。

 

炭水化物抜きダイエットを続けていると、
食欲が増えてしまうケースがよくあります。

 

特に女性は、甘い物への欲求が増えてしまうということがよくあります。

 

食欲をガマンできなくなったり、意思とは関係なく食べてしまって、
挫折やリバウンドで失敗したケースをよく伺います。

 

炭水化物抜きは短期的には効果的でも、
継続してしっかり成果を出すのは難しいダイエット方法です。

 

 

 

<食事が難しい>

 

炭水化物はカロリーを抑える効果が高い一方で、続けるのが難しい方法でもあります。

 

家で食事をする時は大丈夫でも、外食だと食べられるものがかなり限られてしまいます。

 

ご飯NG・麺類NG・パンNG・粉ものNGとなると、
外食で食べられるものはほとんど無くなってしまいます・・・

 

人付き合いも難しくなるので、極端に主食を抜くのはストレスが大きく、続けるのが難しい方

 

 

 

 

4.3炭水化物抜きダイエットのメリットだけを活かす!

 

 

炭水化物抜きダイエットにはメリットもありますが、
続けることが難しい方法です。

 

頑張って続けても、かえって太りやすくなってしまいます。

 

ここで、基本の2つのポイントを思い出してみましょう!

 

● カロリーを抑えるために炭水化物を抜く

 

● 炭水化物を適度に抜く

 

 

ダイエットで1番大切なのはカロリーでしたね。

 

炭水化物の量そのものを減らすためではなく、
「カロリーを抑えるように炭水化物を抜く」ことで、確実に成果を出せます。

 

そして、大事なのは炭水化物自体ではないので、
カロリーを抑えながら、適度に主食を食べることもできます。

 

炭水化物をゼロにするのではなく、適度に食べることで、
基礎代謝の低下・食欲の増加を防ぎやすくなります!

 

家では炭水化物を抜いて、
外食では食べるなど、食事も自由に調整できます!

 

「ボディメイクアップ」でダイエット指導を受けられる方でも、
主食を抜いてカロリーを抑える方はいらっしゃいます。

 

その方々も、完全にゼロにするのではなく、
適度に主食を食べながらダイエットを実践いただいています。

 

その方がデメリットも出にくく、
食事も楽しめるので自然と続けられて、成功しやすいですね!